広域通信制・単位制の精華学園高等学校 東京ボイス校(池袋・秋葉原・新宿)

健全な運営だから確実に卒業できます

精華学園高等学校 東京ボイス校:健全な運営だから確実に卒業できます

当校は、教育法に詳しい顧問弁護士に教育課程、年間授業計画について助言を依頼し、学習指導要領の定める「教科の目標」「科目の目標」に留意してスクーリングを行っています。

  • 詳細を見る
  • マンガで見る

報道もされた他通信制高校に係る事案については、学校教育法や高等学校学習指導要領に照らして著しく不適切な指導が行われていたことが明らかになったため、所轄庁の監督の下で、改めて高等学校学習指導要領に基づく面接指導を行う措置を講ずるという極めて異例な事態となり、生徒の受けた不利益には著しいものがありました。

そうした一部のようではなく、では東京ボイス校ではどんな指導をしているのか。たとえば保健体育の教科の目標は

「心と体を一体としてとらえ、健康・安全や運動についての理解と運動の合理的、計画的な実践を通して、生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続する資質や能力を育てるとともに健康の増進のための実践力の育成と体力の向上を図り、明るく豊かで活力ある生活を営む態度を育てる」

ことです。

これをふまえ、当校の体育のスクーリングは、生涯にわたって継続できるような運動の実践として、家でも簡単にできる体ほぐしの運動や、屋内または屋外で行う球技などをマンツーマンで行い、単にグラウンドで時間をつぶすだけではなく明るく豊かで活力のある生活を営む態度を育てるよう留意しています。