広域通信制・単位制の精華学園高等学校 東京ボイス校(池袋・秋葉原・新宿)

特別活動について

精華学園高等学校 東京ボイス校:特別活動について

通信制高校の卒業には30時間以上の特別活動を行う必要があります。ここでも私たち東京ボイス校は他校とは一味違います。なぜなら、興味のあることで単位を取ってほしいから。

  • 詳細を見る
  • マンガで見る

 特別活動とは、

「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団や社会の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、人間としての在り方生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養う。」

ための教科以外の活動です。

当校では、よりよい生活や人間関係を築き自分を活かすためにはボイストレーニングが有効と考えていますので、原則としてこれをボイストレーニングで消化することとし、「声」の力で心身の調和のとれた発達と個性の陶冶を図っています。具体的には、東京ボイストレーニングスクールの主催するナレーションワークショップやアフレコ体験会、カラオケバトルなどの企画があります。ボイトレの様子次第では、ドラマCDに出演することもできます。

腹式呼吸は脳や体の調子を整える効果もありますし、正しい発声や滑舌を練習することで社会人としてのスキルが向上します。声を出すことが健全な心身の発達につながるという話もありますので、高校生のこの時期に「声」を出すことが成長に何かしらの効果をもたらすと考えられます。

もし当校に通う動機が不登校である場合、その生徒さんが不登校に至った原因はさまざまですので一概には言えないのですが、気分が落ち込んで無気力になっているなら、大声を出すことで気分を上げていくこともできます。

ただし、特別活動はボイストレーニングに限定されません。ボイストレーニングを望まない特別の事情がある場合には、特別活動は個々の生徒さんに合わせて設計します。